【真岡】市は3日、市内では初めてとなるクラスター(感染者集団)がデイサービス施設で発生したことを受け、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、高齢者施設などへ改めて感染対策の徹底を求めていくことを確認した。デイサービス施設でのクラスター発生は県内初。

 高齢者施設などの福祉施設には、すでに感染対策を示した文書を配布しているが、改めて対策の徹底を訴えるため、4日以降に職員が直接施設を訪問し、対面での呼び掛けをしていくことを決めた。

 石坂真一(いしざかしんいち)市長は「予断を許さない大変厳しい状況にある。4日から仕事始めとなるが、しっかりとした対策をしていかなければならない」と述べた。