東洋大2区の松山(左)が3区の前田にたすきをつなぐ=横浜市

城西大2区の菊地(右)が3区の菅原にたすきをつなぐ=横浜市

5区のスタートを切る拓大の石川(右)=神奈川県小田原市

5区の選手にたすきをつなぐ東洋大の吉川(左)=神奈川県小田原市

東洋大2区の松山(左)が3区の前田にたすきをつなぐ=横浜市 城西大2区の菊地(右)が3区の菅原にたすきをつなぐ=横浜市 5区のスタートを切る拓大の石川(右)=神奈川県小田原市 5区の選手にたすきをつなぐ東洋大の吉川(左)=神奈川県小田原市

 第97回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、出場4度目の創価大が5時間28分8秒で初の往路優勝を果たした。

 東洋大が2分14秒差の2位、駒大がさらに7秒差の3位。帝京大が4位、東海大が5位で続き、前回総合優勝の青学大は12位と振るわなかった。

 本県選手は5人が出走。2区では東洋大1年の松山和希(まつやまかずき)(大田原中-福島・学法石川高)が日本人2位となる区間4位と健闘し、城西大4年の菊地駿弥(きくちしゅんや)(作新学院高)が11位。3区は専大3年の金久保遥(かなくぼはるき)(佐野日大高)が20位、4区は東洋大4年の吉川洋次(よしかわひろつぐ)(那須拓陽高)が6位だった。5区では拓大4年の石川佳樹(いしかわよしき)(烏山高)が5位に食い込んだ。

 創価大は4人が区間3位以内と安定した走りを見せた。4区の嶋津雄大(しまづ・ゆうだい)が首位を奪い、5区の三上雄太(みかみ・ゆうた)が差を広げた。

 東京国際大のビンセント・イエゴンが2区で1時間5分49秒の区間新をマークし、従来の記録を8秒縮めた。

 新型コロナウイルス禍が続く中での開催となり、感染対策として選手には円陣や声掛けなどを禁止。沿道での応援も自粛を求めた。