新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宇都宮市は1日、市が同日発表した新型コロナウイルス感染者の1人が、西消防署に勤務する同市在住の20代男性職員であることを発表した。同市職員の感染は初めて。

 男性職員は昨年12月31日に発症し、1日に陽性が判明。12月21日夜以降、勤務中に市民との接触はなく、職員にも濃厚接触者はいないという。庁舎内や消防車両などの消毒を実施し、業務体制への影響はない。