サッカーJ2栃木SCは30日、慶大のFW松岡瑠夢(まつおかりむ)(22)=177センチ、65キロ=の来季加入が内定したと発表した。

 東京都出身の松岡はFC東京の下部組織でアタッカーとして頭角を現し、U-18時代の2016年にはJ3でリーグ戦10試合に出場(1得点)。フットサルのU-19日本代表候補にも選ばれた。関東大学リーグの慶大では1年時からリーグ戦に出場し、1部に復帰した4年時には主将を務めた。松岡はクラブを通じ、「アグレッシブなサッカーを体現し、勝利に貢献できる選手になれるよう成長し続けたい」とコメントした。

 また、栃木SCはJ2山形からDF小野寺健也(おのでらけんや)(23)=184センチ、77キロ=を期限付き移籍で獲得したことも発表した。期間は22年1月31日まで。

 神奈川県出身の小野寺は日大藤沢高、明大を経て今季山形に加入。リーグ戦の出場はなかった。小野寺は「少しでも早くスタジアムのピッチに立ち、チームの勝利に貢献できるよう頑張る」とコメントした。