第100回全国高校ラグビー大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦を行い、本県代表の国学院栃木は前回準優勝の御所実(奈良)に5-12で逆転負けした。

 国学院栃木は序盤から気迫の守備で得点を許さず、前半20分にはラインアウトから形成したモールを押し込み、最後はSH細矢聖樹主将が左中間にトライを決めて先制。前半を5-0で折り返した。

 だが、後半に入ると相手が徐々に圧力を強め、後半9分にトライとゴールを決められ逆転を許した。その後はFW陣を中心に敵陣深くまで攻め込んだものの、あと一歩でトライを奪えず。同28分にはラインアウトから約30メートルモールを押された末に決定的な2トライ目を決められた。