JR東日本大宮支社(大西精治(おおにしせいじ)支社長)は来年1月1日~3月31日に、「2021冬のとちぎ観光キャンペーン」を実施する。2017年から3年間にわたって開催した栃木デスティネーションキャンペーン(DC)のレガシーを継承し、本県を訪れる観光客向けに、さまざまな商品を用意した。

 旅行商品では、イチゴ狩りをはじめ、スノーアクティビティーやイルミネーションなど冬の本県の魅力を体感できるプランを展開する。2月20日には、イチゴの食べ比べなどを企画した団体臨時列車「いちご王国・栃木号」を運行する。