2区に登録された城西大の菊地駿弥

東洋大で4区に登録された吉川(左から2人目)と2区に登録された松山(同4人目)=東洋大提供

2区に登録された城西大の菊地駿弥 東洋大で4区に登録された吉川(左から2人目)と2区に登録された松山(同4人目)=東洋大提供

 来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、栃木県関係では5人がエントリーされ、3人が補欠となった。

 前回10位から巻き返しを期す東洋大が、エース区間の2区に1年の松山和希(まつやまかずき)(大田原中-福島・学法石川高)を抜てき。4年連続の出走を目指す吉川洋次(よしかわひろつぐ)(4年、那須拓陽高)は1年時に区間2位の実績がある4区に配置された。

 2年ぶりのシード権を目指す城西大は、予選会日本人選手4位で主将の菊地駿弥(きくちしゅんや)(4年、作新学院高)を2区に登録。順大の人見隆之(ひとみたかゆき)(3年、那須拓陽高)は4区、国士舘大の鈴木大介(すずきだいすけ)(4年、佐野日大高)は山下りの6区に名を連ねた。

 また拓大主将の石川佳樹(いしかわよしき)(4年、烏山高)、専大の金久保遥(かなくぼはるき)(3年、佐野日大高)、関東学生連合で駿河台大の町田康誠(まちだこうせい)(2年、白鴎大足利高)は補欠に回った。

 今大会からメンバー変更できる人数が従来の2日間計4人から6人に拡大。1日に変更できるのは4人までで、区間登録選手と補欠の入れ替えのみが認められる。