組織も考え方も変える年

 

 鉄筋コンクリート構造の高品質賃貸マンション「ユーミーマンション」の建築をはじめ、フランチャイズチェーン(FC)、ソリューションなど全国を舞台に多彩な事業を展開している。本社のある鹿児島市から遠く離れた本県に営業拠点を設けて今年で20年目となる。「モットーは地域密着であり、目指すのは地域ナンバーワンです。まだまだ『栃木の会社です』とは言えませんが、県民の皆さまに『賃貸マンションならユーミーマンション』と思っていただけるよう、この地に根を生やして頑張っていきます」

 2012年に当時の「弓場建設」の社長に就任し、17年に子会社4社を統合して現在の社名に変更した。「100年先を見据えての決断でした。『ユーミー』は弓場の『弓』をもじってかとよく聞かれますが、そうではなく、顧客最優先の『まずあなた、そして私』という先代からの理念です。私で3代目ですが、この理念を継承していくことでスムーズな世代交代ができました」

 昨年は創業60周年、ユーミーマンション誕生から40年の節目の年だった。「周年よりコロナ禍で忘れられない年になりました」と苦笑しつつ「コロナのプラス面として仕事の在り方が変わりました。FCではビデオ会議アプリ『Zoom(ズーム)』の活用が身近になり、ほとんどの加盟社と日常的に対面でコミュニケーションを取れているのは大きい。経営者としても変化できる時間をもらったと感じています」と前向きに受け止める。

 コロナ体験を踏まえての今年は「組織も考え方も変わる一年」と位置づけ、大きな柱にリノベーション事業の本格化を掲げる。「古くなったマンションの新たな経営手法について、リノベーションを通してさまざまな提案を行い、ビジネスチャンスを広げていきたい。準備が整い次第、栃木エリアでもリノベーションの第1号を案内させていただきたいと考えています」と意欲的だ。