現状の課題と課題解決のイメージ

 NTT東日本栃木支店(小林博文(こばやしひろふみ)支店長)は28日までに、温泉水を利用したトラフグ養殖におけるIoT(モノのインターネット)技術を活用した実証実験に参画した。IoTの導入や活用を進める「県IoT推進ラボ」の取り組みの一環。水質管理などでIoTを活用した方式と従来方式の養殖プールの水質データや養殖魚の死亡率を比較して効果を検証する。

 実証実験は、温泉水を利用してトラフグを養殖する「岩商」(那珂川町小川、岩河健一(いわかわけんいち)社長)と無線通信機器設計開発の「九州テン」(福岡市博多区、間嶋力彦(ましまりきひこ)社長)と協力する。

 期間は今月から来年1月末までの2カ月間。温泉トラフグ養殖場の一部のプールに水質計やカメラなどを設置し、養殖プール内の水質を常時計測してデータ化する。また、プール内の状態をリアルタイムで遠隔監視をすることで、水質が基準値と大きく懸け離れた場合には早急に対処できるようにする。