協定書を交わす岡部市長(左)と柿沼社長

 【佐野】市は25日、自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」を運営するサイクルスポーツマネージメント(宇都宮市今泉町)とスポーツ振興に関する連携協定を結んだ。来年3月には、初の連携事業として同チーム選手を講師に迎えた「大人のスポーツサイクル教室」を開く予定。

 市は「市民一人1スポーツ」を掲げており、自転車競技などを通して市民がスポーツに親しむ環境をつくることが今回の協定の目的。協定には地域活性化や健康づくり、青少年育成に関する事項も盛り込まれた。同社はこれまで、栃木市など県内4市町とも同様の協定を締結しているという。