バスケットボールB1宇都宮ブレックスは27日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷で西地区首位の三河と対戦し、70-90で敗れた。連勝は3でストップ。通算20勝5敗で東地区2位のまま。

 ブレックスは要所でターンオーバーを重ねてリズムに乗れず、前半で16点のビハインド。後半は立ち上がりに遠藤祐亮の3点シュートから連続12得点で1点差にまで猛追したが、再びターンオーバーから失速した。