三分咲きになっている磐裂根裂神社のロウバイ

 壬生町安塚の磐裂根裂(いわさくねさく)神社(刀川清満(たちかわきよみつ)宮司)のロウバイが年明け前に開花し、参拝客らの目を楽しませている。

 境内に植えられた8本のロウバイが15日ごろから咲き始め、今は三分咲きに。冬の日に照らされた黄色い花とつぼみが輝いている。

 県農業試験場に勤務していた氏子が、26年前に社務所の建て替えを記念して奉納したものだという。

 刀川宮司は「これでも例年と比べると、花が咲くのは少し遅れている。正月には見頃になると思います」と話している。1月いっぱい楽しめるという。