県内の新型コロナウイルスの感染者数

26日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 26日発表の新型コロナウイルス感染者

 栃木県と宇都宮市は26日、新型コロナウイルスの感染者を県内で新たに計42人確認したと発表した。1日当たりの発表数としては15、25日の35人を上回り過去最多で、直近1週間の新規感染者数も最多の195人に上った。県内感染者数は累計1207人になった。

 新たに判明したのは、宇都宮や上三川など県内11市町と県外に住む10歳未満~70代の男女。いずれも重症化していない。感染経路は家族や知人、同僚の間が目立っている。

 いずれも足利市在住の50代と60代の女性は、それぞれ別の県内医療機関に勤務している。県は今後、同僚らを検査する。

 同市の60代無職男性は接待を伴う飲食店を利用していた。東京都の10代男子学生は24日に陽性が分かった県内に実家がある都内在住10代男子学生の知人。

 県は現在、「県医療危機警報」を発令中で来年1月11日までの間、県民に地域を問わず不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。

 県と宇都宮市は26日、計162件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は7万531件。退院者916人、入院者147人、宿泊療養者25人、入院調整中119人。重症者は12人。