入団報告会で日光市の大嶋市長(右)からブランド豚などを贈られた入江=日光市役所

 プロ野球DeNAにドラフト1位で入団した日光市出身で明大4年の入江大生(いりえたいせい)投手(22)の入団報告会が25日、同市役所で開かれた。入江投手は「これから結果を残すことが大事。開幕1軍、10勝を目標に頑張っていく」と活躍を誓った。

 入団報告会は市野球連盟(塩生勇一(しおのゆういち)会長)が企画。大嶋一生(おおしまかずお)市長は「非常にうれしく誇らしい。焦らず地道に体のメンテナンスをよくやり、寿命の長い選手になってほしい」と激励した。