バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは26、27の両日、共に午後2時5分から愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷で西地区首位の三河と年内最後の2連戦を戦う。2連勝中の勢いを止めることなく、いい形で締めくくりたい。

 ブレックスは通算19勝4敗で東地区2位につけている。前節はホームにA東京を迎えて2連勝。激しいディフェンスで主導権を握り、攻撃では2試合でライアン・ロシターが計36得点、LJ・ピークが計35得点と活躍。けがで戦線離脱したエース比江島慎(ひえじままこと)の不在をチーム全体でカバーしている。