知事選の年齢階層別投票率

 県選挙管理委員会は24日、11月の知事選の年齢別投票率を発表した。全ての年齢層で前回を上回ったものの、若年層(18~34歳)は全体平均の38・73%を下回る19~32%と依然として低い状況にある。ただ、18、19歳は32・65%で前回に比べ8・84ポイント上がり、全年齢層の中で最も上昇率が高かった。

 若者の選挙離れを食い止めるため、県選管は今回選挙で動画サイトのユーチューブやスマートフォンアプリを活用した啓発活動を行っており、県選管は「特に10代に関して一定の成果が出た」と分析。一方で「若年層の低投票率は継続した課題」としている。