11月に行われた知事選で現職の福田富一(ふくだとみかず)知事への投票を呼び掛ける法定外の文書を配布したとして、公選法違反(法定外文書頒布、事前運動)の疑いで書類送検された宇都宮市議会議長の桜井啓一(さくらいけいいち)氏(58)=自民、4期=が23日、議長を辞任した。同日の定例市議会で、桜井氏から提出されていた辞職願が許可された。これに伴う議長選挙が同日行われ、後任に熊本和夫(くまもとかずお)氏(46)=同、5期=が選出された。

 書類送検されたのは桜井氏と、福田知事の次男で同市議の陽(あきら)氏(36)=同、1期=ら6人。捜査関係者によると、告示前の10月下旬、福田知事への投票を呼び掛ける内容の文書計数百枚を宇都宮工業高野球部OB会会員に郵送した疑いが持たれている。