1971年の創業。2016年に現在の場所へ移転した。代表の浄法寺剛(じょうほうじたけし)さん(40)と父宏(ひろし)さん(77)がカウンターに立つ家族的な雰囲気の店だ。

 「流行に乗らない、昔ながらのすし屋です」と剛さん。毎朝市場に出掛け吟味した、新鮮なネタをそろえる。

 ランチは、にぎりとちらし(それぞれランチ1千円、上1500円、特上2千円、税別)、レディースセット(1350円、同)、鉄火丼セット(1500円、同)の8種類。人気の「上にぎり」は11貫で、ボリューム満点だ。苦手なネタの交換やシャリの大小など、客の要望を受け入れる細やかな心遣いも人気。サラリーマンや家族連れなどでにぎわっている。

 内装には大谷石を使用。落ち着いた店内は、慌ただしいランチタイムを優雅な気持ちにしてくれる。創業以来の常連客に加え、地域の人の利用も増えてきた。剛さんは「地域に愛される店を目指しています」と話している。

 ◆メモ 宇都宮市中今泉2の1の9▽営業時間 ランチは午前11時半~午後1時半▽日曜定休 (問)028・634・3547。