桜井啓一氏

 宇都宮市の定例市議会本会議が23日開かれ、11月の知事選を巡る公職選挙法違反(法定外文書頒布、事前運動)の疑いで書類送検された自民党議員会の桜井啓一市議(58)=4期=の議長辞職許可議案を可決した。桜井氏は既に辞職願を提出していた。

 後任の議長には、同会派の熊本和夫氏(46)=5期=が選ばれた。