公表された市制100周年記念のすごろく

 足利市の和泉聡(いずみさとし)市長は22日の定例記者会見で、2021年1月1日で市制100周年を迎えるのに合わせて作成した「家族で楽しむ足利の歴史すごろく」を公表した。市広報紙「あしかがみ」1月号と一緒に今月下旬から順次、市内全戸へ配布する。

 市誕生からの100年をすごろくのマス目で振り返ることができる。1934年は「渡良瀬橋開通」、78年は「『全足利クラブ』が都市対抗野球大会本戦に初出場」、2013年は「鑁阿(ばんな)寺本堂国宝に指定」など、マスを進みながらその年の出来事が分かる。