【足利】市は22日、市内の老人ホームなど高齢者の入所施設の新規入所者を対象に、新型コロナウイルスのPCR検査などの費用の一部を助成すると発表した。市内の有料老人ホーム、高齢者のグループホームでクラスター(感染者集団)の発生が相次いだことなどを踏まえた対策。

 来年1~3月に特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホームなど市内の86施設に入所を予定し、検査を希望する市民が対象。PCR検査は上限2万円、抗原検査は同7500円を助成する。

 市は助成件数として月50人程度を見込む。財源は全て国の補助金を充てる。