県立がんセンターで導入されたダヴィンチの機能を説明をする貫井医師

 保険適用の拡大などを背景に、栃木県内の医療機関でも広がるロボット支援手術。傷口が小さく患者にかかる負担が軽いため、ニーズは高まりつつある。これまでは米国製が主流だったが、最近は国産化を目指し開発が進む。今後、企業間の開発競争で病院側が負担するコストが減少すれば「手術ができる病院も増えるのではないか」と、現場の期待感は高まっている。

 米国で開発された手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使った手術は、ロボットのアームにメスなどを装着し、医師が離れた場所から画面を見て操作する。胸部や腹部などに数ミリから数センチの穴を複数開けて行うため、通常の開腹手術より傷が小さく、出血量も少ない点がメリット。現在は前立腺がんや大腸がん、胃がんなどを対象に行われるロボット支援手術が、保険の適用対象となっている。