第38回U-11栃木県少年サッカー大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)は20日、さくら市のSAKURAグリーンフィールドで開幕。「JA全農杯の部」と「U-11大会の部」でそれぞれ1次リーグを行った。

 関東、全国大会に通じる3ピリオド制のJA全農杯の部は、三島FCやモランゴ栃木FCなど各ブロックの1、2位チームが準々決勝進出を決めた。大会最終日は1月9日に宇都宮市サッカー場で決勝までを行う。

 従来の8人制の大会となるU-11の部は4チームによる1次リーグを行い、各ブロックの上位2チームが2次リーグに進んだ。大会第2日は1月9日、矢板市のとちぎフットボールセンターほかで2次リーグを実施しベスト8が決まる。