ゆば会席膳

金子和幸さん

ゆば会席膳 金子和幸さん

 日光名物の代表格の一つ「ゆば」。そのゆばを存分に味わえるのが老舗の「ゆば亭 ますだや」だ。

 お勧めは「会席膳コース」。ゆばは、近くの名店「海老屋」製造のものを素材として使用。金子和幸(かねこかずゆき)社長(60)は「ゆば本来の味を堪能してほしい」と力説する。豆乳を温め表面にできる皮膜を引き上げ、その順番で食感、風味、色合い全部異なるという。

 1品ずつ提供される中で際立つのが「引き上げゆばの刺し身」。わさびでなく、ショウガしょうゆで食べる。クリーミーな食感にショウガのアクセントが新鮮だ。「たぐりゆばの味噌(みそ)田楽」も、とろけながら味噌と絡み合い、まろやかな味わい。

 揚げゆばは、手間をかけて油抜きしてあり、薄口のだしで味付けされ、あっさりとして食べやすい。全9品。金子社長は「新年に日本酒を飲みながら味わったら最高ですよ」と語る。

 「ますだや」は、作曲家の故船村徹(ふなむらとおる)さんがよく通った店だ。約40年前「これから地方は、食べ物で町おこしをする時代になる。日光には100年以上の伝統を誇るゆばが、あるじゃないか」とアドバイスを受け、旅館業から転業したという。

 ◆メモ 「会席膳コース」は3900円(税別)▽日光市石屋町439の2▽営業時間 午前11時~午後3時▽木曜定休、冬季(12~3月)は不定休。三が日は営業▽(問)0288・54・2151