カツカレーそば

竹澤恵介さん

カツカレーそば 竹澤恵介さん

 裏メニューが評判を呼び、人気に火が付いた。

 手打ちそばの上にカツカレー。県内屈指のそばのまちでも珍しい一品だ。その魅力は、スパイシーなカレールウと揚げたての軟らかいカツが、想像以上にそばとマッチするところ。来店客の二人に一人は注文するという。

 店主の竹澤恵介(たけざわけいすけ)さん(70)は「初めはそばの風味がカレーに負けるかなと思ったけれど、そばの香りも楽しめます」とほほ笑む。

 誕生は30年以上前にさかのぼる。常連客の要望でカレー南蛮を作り始めたのが発端だった。しばらくすると今度はほかの客から「カツものせてほしい」と頼まれ、裏メニューとして提供を始めた。

 そばつゆを合わせたカレールウと食べやすいよう薄めにしてあるカツをそばと一緒に味わったら、最後はライスを入れて食べるのが通らしい。客の意見を取り入れながらたどり着いたこだわりの味で、実は10年近くメニューに載せていなかった。評判が広がり表舞台に。今では看板メニューの一つだ。

 開業から47年目。名門ゴルフ場日光カンツリー倶楽部(くらぶ)の目の前にあり、県内外からのリピーターも多い。竹澤さんは「元気なうちは作り続けたい」と目を細めた。

 ◆メモ カツカレーそばは900円(税込み)▽日光市所野8の3▽営業時間 午前11時~午後6時▽定休日 火曜▽(問)0288・54・3678。