後半ロスタイム、栃木SCのFW矢野(29)が倒れ込みながらゴールを決める=カンセキスタジアムとちぎ

試合後のセレモニーで引退あいさつをする栃木SC主将のDF菅=カンセキスタジアムとちぎ

前半35分、栃木SCの山本(右)がシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ

前半、相手の攻撃を体を張って防ぐ栃木SCのDF陣=カンセキスタジアムとちぎ

1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ

1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ

前半2分、栃木SCの矢野(右)がボレーシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ

試合後のセレモニーで引退あいさつをする菅=カンセキスタジアムとちぎ

試合後のセレモニーで引退あいさつをする菅=カンセキスタジアムとち

試合後のセレモニーで涙を見せる菅=カンセキスタジアムとちぎ

試合後のセレモニーで家族と記念撮影に応じる菅=カンセキスタジアムとちぎ

1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ

後半ロスタイム、栃木SCのFW矢野(29)が倒れ込みながらゴールを決める=カンセキスタジアムとちぎ 試合後のセレモニーで引退あいさつをする栃木SC主将のDF菅=カンセキスタジアムとちぎ 前半35分、栃木SCの山本(右)がシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ 前半、相手の攻撃を体を張って防ぐ栃木SCのDF陣=カンセキスタジアムとちぎ 1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ 1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ 前半2分、栃木SCの矢野(右)がボレーシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ 試合後のセレモニーで引退あいさつをする菅=カンセキスタジアムとちぎ 試合後のセレモニーで引退あいさつをする菅=カンセキスタジアムとち 試合後のセレモニーで涙を見せる菅=カンセキスタジアムとちぎ 試合後のセレモニーで家族と記念撮影に応じる菅=カンセキスタジアムとちぎ 1万人を超える観客が訪れた栃木SCの今季最終戦=20日午後2時20分、カンセキスタジアムとちぎ

 明治安田J2最終第42節は20日、各地で全11試合を行い、栃木SCはカンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で磐田と対戦、1-2で敗れた。今季最終成績は15勝13分け14敗で勝ち点58。J2におけるクラブ最高順位(2013年、9位)更新はならず、順位は10位だった。

 栃木SCは前半、パスをつないでくる相手に前からプレスをかけて対抗。2分のFW矢野貴章(やのきしょう)のワンタッチシュートはGK正面。3分後には右サイドのパスワークからペナルティーエリア内でFW明本考浩(あきもとたかひろ)がボールを収めたがシュートに至らなかった。以降は徐々に相手のペースとなり、29分にはシュートのこぼれ球を相手MFに押し込まれ先制を許した。

 後半も劣勢の展開は変わらず、30分には右クロスを相手FWに頭で合わされ2失点目を喫した。終盤はDF柳育崇(やなぎやすたか)を前線に上げたパワープレーで攻め込んだが、43分の明本のFKはクロスバーを直撃。ロスタイムにロングボールのこぼれ球を拾った矢野がゴールを決めて一矢報いたが、そこまでだった。

 首位徳島は共にJ1昇格を決めた2位福岡に0-1で敗れ勝ち点84で並ばれたが、得失点差で上回りJ2初優勝が決定。天皇杯全日本選手権の出場権を獲得した。