20日午後3時35分、宇都宮市駅前通り1丁目

 21日は「冬至」。1年で最も太陽の位置が低く、宇都宮市内の交差点では横断歩道の歩行者の影が長く伸びていた。

 宇都宮地方気象台によると、20日の同市内は最高気温が6・4度と1月下旬並みの寒さだった。