バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは20日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区のA東京と対戦し、86-70で快勝した。2連勝で通算成績は19勝4敗。

 ブレックスは15-14で迎えた第2クオーターに大量31得点。LJ・ピークが2本の3点シュートを決めるなどし、46-32で折り返した。後半は一進一退の攻防が続いたが、ベンチスタートの渡辺裕規や竹内公輔らが得点を重ねて逃げ切った。

 ブレックスは26、27の両日、愛知県のウィングアリーナ刈谷で西地区の三河と対戦する。