J2最終第42節の栃木SCは20日、カンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で磐田と対戦、1-2で敗れた。今季最終成績は15勝13分け14敗で順位は10位だった。

 栃木SCは前半、パスをつないでくる相手に対して前からプレスをかけて対抗。しかし、徐々に押し込まれる展開となり、29分にはシュートのこぼれ球を相手MFに押し込まれ先制を許した。

 後半30分には右クロスを相手FWに頭で押し込まれ2失点目。ロスタイムにロングボールのこぼれ球を拾った矢野がゴールを決めて一矢報いたがそこまでだった。