バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは19日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区のA東京と対戦、75-69で競り勝った。通算成績は18勝4敗。順位は地区2位のまま。

 ブレックスは第1クオーター(Q)途中からLJ・ピーク、ライアン・ロシターが3点シュートを決めて抜け出し、16-10とリード。第2Qも竹内公輔、ジェフ・ギブスが速攻から得点を重ねて突き放し、前半を39-24で折り返した。後半はA東京に押し込まれる時間帯もあったが守備の強度を上げて対抗。第4Qはピーク、ロシターが精度の高いシュートを沈めて突き放した。

 次戦は20日午後3時5分から、同会場でA東京と対戦する。