小山市の外国人登録者数の推移

 【小山】市内在住の外国人数は1日現在で過去最多の6701人となり、2013年同期に比べ1900人(39・6%)増えたことが、市外国人登録者数で分かった。ブラジル人が1100人で最も多く、ネパール人の急増が目立つ。市外国人相談室への相談件数も増えていることから、市は4月から相談員を増員するなどして体制を強化している。

 市外国人国籍別登録者数によると、4月1日現在の登録者数は1998年が3677人で、2003年が4372人、08年が5387人と増加してきた。11年3月の東日本大震災の影響で一時減少したが、14年ごろから再び増加に転じた。16年10月に初めて6千人を超え、17年3月からは6千人台が続いている。