抗原検査実施を知らせるポスター

 【高根沢】新型コロナウイルス感染症拡大が続く中、町は1月から、高齢者や基礎疾患を持つ人を対象に唾液による抗原検査を行う。不安解消や感染拡大予防、重症化を防ぐことが目的で、事前予約制とする。

 抗原検査はPCR検査よりも短時間で判定結果が得られるのが特徴。国の補助金制度を活用し、約1万円かかる費用のうち自己負担は2割の2千円とした。

 対象は(1)検査当日、満65歳以上の人(2)基礎疾患を持つ人(慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患など。証明が必要)で、検査当日に町に住民票がある人。

 実施日時は21日(申し込み締め切り12日)、2月7日(同1月27日)、22日(同10日)、3月1日(同2月18日)の午前で、会場は町保健センター。定員は各日60~80人。申し込みは1月5日から同センターが電話で受け付け、検査日や検査方法、持ち物などの説明書類を郵送する。

 検査の結果、陽性となった場合は当日午後に本人に通知し、指示連絡する。陰性の場合は後日結果を郵送する仕組み。

 加藤公博(かとうきみひろ)町長は「町民の命を守ることが最優先。今回の取り組みが医療現場を守ることにもつながると思う」と話した。(問)町保健センター028・675・4559。