ラジオ体操を通じて県民の健康増進を図ろうと、健康長寿とちぎづくり推進県民会議などは本年度から、「ラジオ体操キャラバン」を展開する。県内各地に指導者を派遣して体を動かす機会を提供し、日頃の運動不足を解消してもらう。キックオフイベントを28日、県庁県民広場で行う。

 県民会議は2014年度に県や市町、関係団体、企業などで設立。健康長寿日本一を目指し、健康に関する各種プロジェクトに取り組んでいる。キャラバンは「健康長寿とちぎづくり県民運動」の一環で実施し、20年の東京五輪や22年の栃木国体の機運醸成の連携イベントなども兼ねている。