八木沢荘六氏

 レジェンドが記念大会に花を添える-。7月6日に開幕する第100回全国高校野球選手権の栃木大会で、1962年に史上初の甲子園春夏連覇を達成した作新学院高のエースで元ロッテ監督の八木沢荘六(やぎさわそうろく)氏(73)が始球式の投手を務める。県高校野球連盟が20日、発表した。

 また、開会式では第1回からの県大会を制した歴代優勝校のユニホームを着用した野球部員による特別入場行進も実施。例年以上に華やかな幕開けとなりそうだ。