働く理由などを話し合う小山高の1年生

 【小山】小山高で17日、若手社会人とのパネルディスカッションを通じて仕事について考える授業が行われた。1年生238人が、働くイメージや仕事に求める価値観などについて自己理解を深めた。

 同校のキャリア教育の一環。修学旅行の企画実施などのノウハウを生かして教育事業を展開する大手旅行会社JTB(東京)と連携し、同社が開発した生徒参加型の授業を毎年実施している。

 生徒は同社講師の進行に沿って働く理由や動機などをワークシートに書き込み、クラスメートとそれぞれの内容を共有した。