屋上に設けられたグランピング用スペース=栃木市

 新型コロナウイルス感染症の影響で3密を回避して楽しめるキャンプに注目が集まる中、栃木グランドホテル(栃木市万町、若林(わかばやし)かなこ社長)は屋上で、手ぶらで優雅なキャンプが楽しめる「グランピング」を提供している。同社WEB管理課の中野元気(なかのげんき)さん(29)は「ホテルの屋上で非日常を味わえる。不便でないキャンプを楽しんでほしい」と利用を呼び掛けている。

 夏季のビアガーデン以外にも屋上で楽しんでもらおうと、キャンプ好きの社員が中心となり企画した。アウトドア用品販売などを手掛けるソエル=栃木市岩舟町曲ケ島(まがのしま)=がプロデュースし、屋上にグランピングができるスペースを設けた。

 食事はホットプレートでの焼き肉のほか、クラムチャウダーやアクアパッツァが用意されている。電子レンジや冷蔵庫もあり、食料品の持ち込みも可能だ。