県内の新型コロナウイルスの感染者数

16日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 16日発表の新型コロナウイルス感染者

 栃木県と宇都宮市は16日、宇都宮や足利など9市町と群馬県在住の10~80代の男女計23人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重症化していない。県内の感染者数は計938人となった。

 下野市在住の10代男性は県内の高校に通う高校生で、10日に陽性が判明した男子高校生の知人。県が確認した同校生徒の感染者は計4人となった。県によると、同校関連では他県でも複数人の感染が確認されているという。生徒の学年が異なることなどから、県はクラスター(感染者集団)としていない。

 佐野市在住の60代会社員男性と栃木市在住の40代会社員男性は職場の同僚で、職場の感染者は計4人となっている。宇都宮市の10代女子生徒2人は姉妹。同市の20代会社員男性のうち2人は、15日に公表された芳賀町内のクラスター(感染者集団)による陽性者2人の同居者だった。

 県と宇都宮市は16日、計150件を検査(委託分は未集計)。累計検査件数は6万3879件、退院者708人、入院者230人、重症者11人。