真っ白に雪化粧した神橋周辺=16日午前10時15分、日光市上鉢石町

 16日の栃木県内は強い寒気の影響で北部山地を中心に雪が降り、日光市では市街地で数センチの積雪があった。宇都宮地方気象台によると、同日午後4時までの24時間降雪量は土呂部で17センチ、奥日光13センチ、那須高原5センチを観測した。

 世界遺産「日光の社寺」周辺は前日夜に雪が降り始めたという。商店街は雪化粧し、散策する観光客たちは白く染まった神橋などを写真に収めていた。

 17日も北部を中心に大雪の恐れがあり、同日午後6時までの24時間降雪量は最大で北部山地40センチ、北部平地8センチ、南部山地2センチとなる見通し。同気象台は路面凍結やなだれへの注意を呼び掛けている。