サッカーJ2第41節の栃木SCは16日午後7時から、カンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で13位千葉と対戦する。J2では初使用となる舞台で、記念すべき白星をつかみたい。

 通算成績は14勝13分け13敗の11位。今季アウェー最終戦となった前節の金沢戦は1-1のドロー。前半開始46秒で先制点を献上したが、4分後の右CKをDF田代雅也(たしろまさや)が頭で押し込み同点。以降は相手に押し込まれる展開が続いたが、GK塩田仁史(しおたひとし)の再三のビッグセーブでしのいだ。

 千葉は14勝8分け18敗、勝ち点50。自陣にブロックを形成した際の守備は堅く、前節はJ2優勝の懸かった徳島を無得点に抑えた。直近5戦3得点と好調のクレーベらFW陣に警戒し、先制点を与えないようにしたい。

 今季も残り2試合。栃木SCは今節勝利すれば8位にまで浮上する可能性がある。