宇都宮地方気象台は16日午前6時9分、「大雪に関する栃木県気象情報」を発表した。県内北部は17日にかけて大雪となる見込みで、交通障害や路面の凍結、なだれに注意するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、県内北部の一部では既に雪が降っていて、16日夜の始めごろから17日明け方にかけてさらに強まる見通し。雪雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雪となる恐れがある。南部山地でも積雪となるところがあり、予想より降雪量が多くなった場合には大雪注意報が発令される可能性があるという。

 17日午前6時にかけて予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで北部山地40センチ、北部平地8センチ、南部山地1センチ。18日午前6時にかけて予想される24時間降雪量は、北部山地で10~20センチの見込み。