県内の新型コロナウイルスの感染者数

15日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 15日発表の新型コロナウイルス感染者

 栃木県と宇都宮市が15日に発表した新型コロナウイルス感染者は、宇都宮や足利など9市町在住の10歳未満~80代男女計35人に上った。うち4人は県内14例目のクラスター(感染者集団)となった芳賀町内の製造業の事業所に勤務。35人はいずれも重症化していない。

 同町内の事業所に勤務していたのは、いずれも宇都宮市在住で派遣社員の20代男性3人と40代男性1人。この事業所関連では、これまで従業員12人と家族ら6人の陽性が判明した。従業員12人のうち、11人が人材派遣会社の送迎バスを利用する派遣社員だった。

 車内の状況は密で換気が十分でなく、マスクを着用しない従業員もいたという。事業所には約800人が勤務し、うち約100人が派遣会社のバスを利用していた。15日までにバス利用者95人の検査を実施。今後はバス利用者以外の約300人を検査する。

 同市在住の30代会社員女性と50代会社員女性2人は、12日に陽性が判明した30代女性の同僚だった。

 県と宇都宮市は15日、計130件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は計6万3079件、退院者697人、入院者218人、重症者11人。