バトンリレーでフルマラソンの完走に挑戦する児童ら(提供)

 【大田原】奥沢小の全校児童72人がこのほど、バトンをつないで計42・195キロを走り抜く「リレーマラソン」に挑戦した。児童らは協力しながら、校庭211周分にあたる距離を計2時間16分15秒で完走した。

 新型コロナウイルスの影響で運動会などの学校行事が中止となったことを踏まえ、みんなで一つの目標に取り組む機会をつくろうと企画。児童に簡単な運動として走る習慣を身に付けてもらうことも目的とした。