「うぶ」のデビューを飾る「ゆうだい21」の新パッケージ

 宇都宮大は、農学部付属農場で生産する野菜やコメなどの統一ブランド「うぶ」を立ち上げた。21日に、宇大が開発したコメ「ゆうだい21」を新ブランドのロゴ入りで販売する。品目ごとに異なっていたパッケージや包装用シールを統一することで、大学の取り組みをPRする狙い。

 うぶ(UBU)は、「Utsunomiya University Brand(ウツノミヤ・ユニバーシティー・ブランド)」の頭文字を組み合わせた。「うぶ」という語感に鮮度の良さを表す意味も込めた。ロゴマークは、鳥が産声を上げる瞬間のシルエットイメージとしている。

 21日に発売するのは「ゆうだい21」の新米。2キログラム1060円で、ミニストップの宇都宮大学店、宇都宮大学陽東キャンパス店などで販売する。