岩のり塩つけめん 竹風セット

小筆勝夫さん

岩のり塩つけめん 竹風セット 小筆勝夫さん

 鶏白湯スープに、岩のりを乗せた中太麺がよく絡む。日替わりのご飯ものやギョーザ、デザートの杏仁(あんにん)豆腐も付いたボリュームある「岩のり塩つけめん 竹風セット」は、夏の暑さで疲れた体にがつんと活を入れてくれる。

 県道大田原高林線沿いにあるラーメン店「竹風 那須塩原店」。東京、宇都宮などで約20年中国料理を作り続けてきた小筆勝夫(こふでかつお)さん(58)が「中国料理の長所を生かしたラーメンを作りたい」と2010年に開業した。宇都宮にも姉妹店を開いている。

 丸鶏などを煮込み、うまみを凝縮した鶏白湯のスープは濃厚で、岩塩と海塩が効いている。自家製麺の麺はコシの強い低加水麺。国産小麦をブレンドし、豊かな風味が特長だ。麺に岩のりを乗せてスープと絡めて一気にすすると、素材のうまみと磯の香りが口いっぱいに広がった。絶品だ。

 麺のゆで時間を1年かけて決めたり、小麦の風味を日々勉強したりと、研究熱心な小筆さん。「理想の料理を常に考えている。新しい料理にもチャレンジしているので、ご期待ください」と意気込んでいる。こだわり店主の挑戦は止まらない。

 ◆メモ セットは1100円、岩のり塩つけめん単品は並860円(税込み)▽那須塩原市下中野462の3▽営業時間 午前11時半~午後2時半、午後5時半~8時半▽定休日 毎週木曜と第3水曜▽(問)0287・65・3210。