からあげ

樋山裕伸さん

からあげ 樋山裕伸さん

 低温の油で揚げ、余熱で火を通した後に高温で揚げるため、肉汁が内部にとどまる。衣が薄く、かんだ瞬間に口の中いっぱいに肉汁と肉のうま味が広がる。

 1897年創業の醸造元「樋山昌一商店」が、経営する日光ろばたづけ森友店で昨年12月から販売している。社長の樋山裕伸(ひやまひろのぶ)さん(44)は「誰もが好きな唐揚げで、発酵食品の可能性をもっと広げたかった」と話す。

 味は2種類。塩糀(こうじ)味は酵素の働きで肉の「プリプリ感」が際立ち、こうじの甘さが感じられる。樋山さんの「家庭の味」がベースになっている。

 生姜醤油(しょうがじょうゆ)味は唐揚げの商品化に伴い開発した。米こうじを仕込んだ甘みのある同社のしょうゆを使い、しょうがの風味が食欲をそそる。樋山さんは「豚のしょうが焼きをヒントにした。塩糀味を超えるものができた」と自信を見せる。

 しょうがと大根の漬物をマヨネーズで混ぜた特製のディップソースが無料で付く。コリコリとした食感が加わり、違った味が楽しめる。

 樋山さんは「揚げたてを味わってほしいので、極力作り置きしていません。ぜひご来店前に予約してください」と呼び掛けている。

 ◆メモ 1個80円、11個800円、24個1600円(税込み)組み合わせは自由▽日光市森友751▽営業時間 午前8時~午後5時(唐揚げは午前10時~午後4時半)▽(問)0288・21・2188。