宇都宮地方気象台は14日午前11時14分、「大雪に関する栃木県気象情報」を発表した。栃木県内では15日から17日にかけて、北部山地を中心に大雪のおそれがあるとしている。

◇最新の防災情報・気象警報

 気象台によると、本州は17日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、関東地方の上空には氷点下9度以下の強い寒気が流れ込む見込み。

 県内は14日に北部山地を中心に雪が降るほか、15日は北部山地で次第に強い雪が降り、大雪となるおそれがある。北部平地や南部山地でも積雪となる見込みという。

 15日正午にかけての24時間に予想される降雪量は北部山地の多いところで10センチ。16日正午にかけての24時間では北部山地で20~40センチ、北部平地と南部山地で1~5センチという。予想よりも降雪量が多くなった場合には、北部山地では警報級の大雪、北部平地でも注意報級の大雪となる可能性がある。

 気象台は、大雪による交通障害や路面の凍結に注意を呼び掛けている。