市役所で開かれた防災ラジオの休日販売会

 平日に市役所を訪れることが難しい人にも防災ラジオを購入してもらおうと、栃木県真岡市は12日、ラジオの休日販売会を市役所で開いた。13日も午前8時半~午後5時15分に行う。

 12日は、ラジオを求める市民が続々と1階ロビーの会場に訪れた。市市民生活課の職員が「アンテナの向きには十分注意してください」などと説明しながら販売。上高間木3丁目、増渕三枝子(ますぶちみえこ)さん(62)は「家が密閉しており、防災無線が聞きにくかった。買いに来たいと思いつつ来られなかったが、販売会開催を知り来ました」と話した。

 75歳以上のみの世帯は千円。それ以外の世帯や事業所は3千円で購入できる。2台目以降は9900円。

 防災ラジオは、電源を切っていても避難や火災に関する情報などを緊急放送する機能が備わる。「FMもおか」(87・4メガヘルツ)専用で、他の局を聞くことはできない。平日は午前9時~午後5時に同課窓口で販売している。