「御朱印額」を手にする矢野夫妻

 【鹿沼】県神社広報会議(代表・小幡正之(おばたまさゆき)益子町鹿島神社宮司)は12日、草久(くさぎゅう)の古峯(ふるみね)神社で同会議に加盟している県内31神社の御朱印を額装した「御朱印額」を、千渡、自動車整備会社社長矢野正紀(やのまさのり)さん(56)に贈った。

 同会議が発行する小冊子「とちぎ神社ガイド」に31社の御朱印を押してもらい応募すると、抽選で御朱印額が贈られる。今年は応募者32人の中から矢野さんが選ばれた。新型コロナウイルスが影響し、応募は例年の半数だったという。