瀬端校長(右)から関東・東京地区の候補校となった報告を受ける石橋の選手たち=石橋高

 来春の選抜甲子園の21世紀枠関東・東京地区の候補校に選ばれた石橋。小林到(こばやしいたる)主将は「選ばれるか不安だったがほっとした。関東で弱さが出た守備を冬の練習でもう一度しっかり鍛え直す」と春夏通じて同校初の甲子園出場に向け思いを新たにした。

 この日は午後4時半ごろ、同校会議室に全部員31人が集合。瀬端徹(せばたとおる)校長から候補校決定の報告を受けた。

 部訓は学問と武道は一体という意味の「文武不岐(ふき)」。県内有数の進学校でありながら、秋季県大会では堅守を武器に準優勝して関東大会に出場した。