県内の新型コロナウイルスの感染者数

9、10日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 9、10日発表の新型コロナウイルス感染者

 栃木県と宇都宮市は10日、宇都宮や佐野、小山など6市町と埼玉県在住の10~70代男女計22人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。宇都宮市で同日までに陽性が判明した22人は同市内の製造業の事業所に勤務。従業員の知人3人も感染し、県内13例目のクラスター(感染者集団)となった。同日発表された22人はいずれも重症化していない。県内の感染者は計822人となった。

 宇都宮市によると、この事業所では11月28日に確認した最初の感染者を含め8日までに9人の陽性が判明。陽性者同士が作業場や休憩室で接触した可能性が低かったため、「職場内感染の関連性を見つけられず、クラスター認定できなかった」と説明。事業所の構造や勤務状況を見て確実に接触した場面を調査する。

 事業所には約400人が勤務。10日までに約280人を検査した。職場でのマスク着用など感染対策は講じられていたという。

 小山市在住の10代女子児童が通う小学校は10、11の両日休校に。同市在住の10代男子高校生が通うのは県内の高校で、所属する学級は11日学級閉鎖とする。

 県と宇都宮市は10日、計238件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は6万231件、退院者615人、入院者204人、重症者9人。